ケアマネージャーの位置づけ

ケアマネージャーは、介護保険制度を推進していく上で、要介護者や家族と、
介護サービスを提供する施設や業者とをつなぐ「橋渡し役」的な存在であり、
その人に合ったサービスを組み立てる、いわば介護サービスのプランナーと
いえる仕事です。このため、介護保険制度に精通し、医療や福祉の面での
さまざまなサービス内容を理解しておくことが必要です。

介護サービスがケアプラン通りに提供されているか確認したり、利用者の
状況に合わせてケアプランを見直したり。よりよい介護サービス提供のため、
細かい気配りができるようにならなければいけません。

例えばサービス利用料は、要介護度のランクによって異なるわけですが、
内容的にも料金的にも満足のいくサービスを受けてもらうためには、
常に新しく正しい情報を提供しなければなりません。また、要介護者の
権利の尊重、公平性、中立性、プライバシー保護の姿勢や、倫理観も
備えていなければいけません。

それだけに責任が重くハードな仕事といえます。現場では、中心となる職種を
続けながらケアマネージャーとしても働く人、またケアマネージャーとして
のみ業務を行なう人、それぞれですし、業務内容、事業所や施設の方針に
よっても勤務形態が異なることになります。

兼務すれば仕事量が増え、負担が大きくなりますし、逆にケアマネージャー
のみの仕事では、利用者との接点が希薄になりがちという場合もあります。
今後はケアマネージャーの位置づけも確立されることが必要となってくるでしょう。

[PR]デイケアの看護師求人を見つけよう!

当サイト人気コンテンツ

■ 実際にになるには?
■ 社会的な需要は?
■ 受験の際の注意点
■ 活躍するところ
■ ケアマネージャーの今後

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 ケアマネージャー試験・資格の総合情報. All Rights Reserved.