ケアマネージャーの心がけ

介護を必要とする人の希望や心身の状態、家族の希望などを考慮し、
その人にベストなケアプランを作成するのがケアマネージャーです。
適切な支援サービスを利用できるように、市町村、在宅サービス事業者、
介護保険施設などとの橋渡しをする仕事、というわけです。

2000年に「介護保険制度」が施行され、介護や支援が必要と認定された人は
費用の一部を自己負担するだけで介護サービスを利用できるようになりましたが、
この制度を利用する人に対してケアプランを作成するのです。ホームヘルパー
などを派遣する在宅介護サービス事業者や福祉介護施設では、ケアマネージャー
の勤務が義務付けられているため、福祉分野の従事者でこのシゴトを目指す人は
多いものです。

いまや介護・福祉の現場でなくてはならない重要な役割を果たしていると
いえるでしょう。このシゴトに就くには「ケアマネージャー」という公的資格が
必要となります。

実際の実務の現場では、介護を必要とする人はもちろん、その家族にとっても
ベストなケアプランを作成することが大切となります。症状を聞くことに必死になり、
介護を受ける本人の様子などを見逃してしまう、というようなことになる恐れも
あります。家族、本人、両方の立場に立ち、きちんとした、冷静な判断能力も
求められます。ケアマネージャーが作成したプランを、ホームヘルパーや介護福祉士
が実践するわけですが、こうした人たちへの指示も的確に行わなければいけません。

[PR]臨床心理士の求人を見つけよう!

当サイト人気コンテンツ

■ 実際にになるには?
■ 社会的な需要は?
■ 受験の際の注意点
■ 活躍するところ
■ ケアマネージャーの今後

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 ケアマネージャー試験・資格の総合情報. All Rights Reserved.