ケアマネージャーに求められる資質

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格は、介護保険制度が始まってから
社会的に認知されるようになり、注目を集めるようになりました。高齢化社会
の日本において、もはや欠かせない資格のひとつであるといえるでしょう。

ケアマネージャーは、高齢者を中心とした利用者から、サービスを提供する
事業者まで、様々な人と常に接することになります。利用者の希望を聞きいれ、
それをサービス事業者や実際にサービスを提供している人に伝えコーディネートする
という立場であることから、ケアマネージャーは、それぞれの立場の人たちと
信頼関係を築きながら仕事を進めなければいけません。

そのためには、コミュニケーション能力に優れているのはもちろんの事、
利用者の状況を把握する分析能力、これに加えて、利用できる新しい介護技術
や事業者に関する情報を集めるための好奇心、向上心なども持つ必要があります。
また、個人情報の保護にも気を配らなければいけません。たとえ目的が課題や
問題の解決であっても、情報を漏らすということは決して許されません。
個人情報を扱う場合は、あらかじめ利用者の同意を文書などにより得ておく
必要があります。

福祉に関する知識だけでなく、ケアマネージャーは毎日のように利用者の
自宅への訪問やサービス事業者との連絡、市町村との折衝などであちこち移動する
ことが多いので、運転免許は必須になります。このほか、ケアプランの作成や
介護給付費の計算のためにパソコンのスキルも必要になります。

[PR]デベロッパーの正社員求人を見つけよう!

当サイト人気コンテンツ

■ 実際にになるには?
■ 社会的な需要は?
■ 受験の際の注意点
■ 活躍するところ
■ ケアマネージャーの今後

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 ケアマネージャー試験・資格の総合情報. All Rights Reserved.