ケアマネージャーは人間性も重要

ケアマネージャーとしての最大の役割は、介護サービスを受ける利用者に
必要なサービスを提案し、利用者とサービス事業者間を調整する事です。
利用者の状況により、必要なサービスも異なってきます。そのため、
ケアマネージャーは依頼があると、まず自宅を訪問してその人の健康状態や
家庭環境、高齢者や家族の希望などについて聞き取りをすることから始めます。

そこから必要なサービスを選んで紹介し、本人や家族とともにどのサービス
を利用するかを決めていきます。できるだけ本人が望む生活をさせてあげる
ようさまざまなサービスから必要なものを選び、組み合わせて提案する必要
があります。高齢者にとってはサービス内容が複雑で、自分にどのサービスが
必要なのか、どの事業者から提供してもらえばよいのかわかりません。そこで、
ケアマネージャーが専門職の立場から介護サービスをコーディネートすること
になります。

ケアマネージャーになる前の職業や資格はさまざまなので、それぞれに得意分野
があります。ケアマネージャーとして自分の得意分野を生かしつつ、
ケアマネージャー同士や他の職種の人とも互いに補い合いながら仕事をしていく
ことになるのです。このためには、幅広い知識と同時に、ケアマネージャー自身
の人間性も豊かでなければいけない、と言えるでしょう。

このプロセスの中で第一に考えるべき事は、一人ひとりの生き方や暮らし方を
最大限尊重する事であり、主体性の尊重です。そのためには、利用者と
ケアマネジャーの立場は対等でなければいけません。利用者の主体性尊重と
いうものも必要な心がけになります。



当サイト人気コンテンツ

■ 実際にになるには?
■ 社会的な需要は?
■ 受験の際の注意点
■ 活躍するところ
■ ケアマネージャーの今後

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 ケアマネージャー試験・資格の総合情報. All Rights Reserved.