ケアマネージャーの今後

高齢化社会となっている日本で一定量のケアマネージャーの需要は今後も
見込めます。将来的にみても注目すべき資格と言えるでしょう。ケアマネージャー
を目指すなら、介護福祉士、社会福祉士、福祉住環境コーディネーターなどの周辺資格
も押さえておくと良いでしょう。さらに深い知識、付加価値がつけられるものです。

介護保険制度を利用してサービスを受ける際には原則としてケアマネージャーによる
ケアプランの作成が必要となるため、どの事業所もケアマネージャーの確保が至上命題
となります。今後もケア付き住宅や有料老人ホームなどで、今まで以上の伸びが期待
されており、こうした点からも、ケアマネージャーは将来性のある職種といえます。

ケアマネージャーは、医療や保険、福祉など様々な専門分野の人が参入する、
福祉関連でも特殊な資格と言えます。それだけにケアマネージャーに関する制度は
まだ万全とは言えず、ケアマネージャーを取り巻く環境も日々変化するものと見られます。
平成18年には介護保険法が改正され、ケアマネージャーの資格は5年ごとに更新される
こととなりました。

これはケアマネージャーの資質維持のため、と思われます。ケアマネージャーは自身の
専門分野を活かしつつ、異なる専門分野の知識を持つケアマネージャーと関わることで、
様々な視点から介護サービスを提供することが大事です。信頼されるケアマネージャー
になるためにもケアマネージャーは、日々、視野を広げる努力が必要でしょう。

[注目]大日本塗料の採用はこちら

当サイト人気コンテンツ

■ 実際にになるには?
■ 社会的な需要は?
■ 受験の際の注意点
■ 活躍するところ
■ ケアマネージャーの今後

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 ケアマネージャー試験・資格の総合情報. All Rights Reserved.