女性医師による転職ポイント/採用されるためには?

医師の中には、アルバイトをする医師が存在し、尚且つ医師における転職希望者も年々増えています。医師が採用されるのが難しくなってきたのでしょうか? なぜ?高給取りと言われる医師がアルバイトをするのか?という疑問は、実は医師により、やはり収入が低い医師も存在し、最低の場合では300万円前後という年収野医師も存在する事から、実際、アルバイトをしなければ、生活が成り立たないという医師も存在し、こうした問題が、医師のアルバイト者を増やしている原因となります。

もちろん、この収入差は、医師が働く場所により異なりますが、すべての医師がアルバイトをしなくてはいけないという事ではなく、特に医局勤務の医師は、収入が低め傾向にある事から、アルバイトを希望する医師が多いと言えるのです。 こんな医師によるアルバイトも急増し、転職希望者も急増している医師事情ですが、医師の中には、当然女性も存在し、その女性医師の人口は年々急増しています。

しかし、女性医師は、やはり女性特有の悩み、試練が伴い、結婚や出産を機に、医業を離れることも選択しなければいけない時もあります。 もちろん離職には、至らないようにしても働き方などは出産を機に検討せざるを得ないので、こうした事を考えて転職をする場合は、このような面をカバーできる医療機関を選ぶ必要があります。

例えば、子供の病気等の際に看護休暇をとれるか?という事も重要で医療機関によっては、この制度を設けている場もありますから、こうした制度が充実、整っている場への転職が理想ですし、交通の利便性の良いところか?という部分もやはり家庭を持ち、お子さんへの育児を果たす上でも重要なポイントとなりえます。 出来れば、育児短時間勤務制度等を設けた医療機関への転職が理想ですが、すべての医療機関にこの制度が設けられているわけでは、今のところありませんので、こうした制度が無い場合は、やはり通勤に時間がとられ育児に支障をきたす、仕事に支障をきたさない事等を考えると交通の利便性もきちんと考えて転職を果たすべきではないでしょうか。

又転職をするにあたり、女性医師は、今家庭をお持ちではなくても、将来的に女性には出産の可能性が大いに考えられますから、残業などの内容もきちんと確認し、転職先を選んでいく事が重要です。 女性医師が出産等を機に非常勤の勤務を選択するケースも多いですが、こうした非常勤という選択肢も勤務時間がきちんと決められていますから、生活と仕事を両立させるという事を重視し転職をする場合は、このような形の転職もお勧めです。

当サイト人気コンテンツ

■ 実際にになるには?
■ 社会的な需要は?
■ 受験の際の注意点
■ 活躍するところ
■ ケアマネージャーの今後

ケアマネージャー関連サイト

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 ケアマネージャー試験・資格の総合情報. All Rights Reserved.

[相互リンク] 看護師 悩み FAドクター メタトレーダー TOEIC 勉強法 【プラセンタ注射 口コミ】 医師のアルバイト求人@北海道 【豚プラセンタ 効果】