ドラッグストアの薬剤師の仕事

薬剤師の就業場所といえば、薬局やドラッグストアなどが考えられますが、こうした調剤薬局やドラッグストアは、身近なところでよく見かける場所とも言えます。 また、調剤薬局等では、調剤室があり、そこで、患者さんに関するお薬を調合している場面等もよく見かけるものです。 また、この調剤薬局自体、医師からの処方箋を患者さんから受け取り、その処方箋に沿って薬を調合して渡すというのが、調剤薬局におけるメインの仕事となります。

もちろん、調剤薬局では、お薬の調剤だけでなく、患者さんそれぞれの薬の管理から、お薬をお渡しする際には、服薬指導も行いますから、色々な面でやりがいを感じる事ができる職場となる事は、確かだと思います。 薬局の中には、保険請求業務である、レセプト業務を行い薬局がありますから、最近は殆どが電子化という部分から、薬剤師の負担も軽減されましたが、パソコンがあまり得意でない薬剤師さんにとっては、その部分はあまり良いとは言える部分でない事も考えられますが、就職率、求人率を調べてみると、中堅以上の薬局等では、6年制薬剤師にも積極的な姿勢を見せていることから、就職、求人率も高め傾向であるといえます。

そんな薬局における給料面は、いかがなものか?という事で、少し調べてみましたが、昨今の景気の下降に伴い、お給料自体も下降気味であることは、確かなようです。 ただし、薬局内における『管理薬剤師』としての地位が確立されれば、年収は800万円というケースもありますから、やはり薬局に貢献し、尚且つ薬剤師としての地位が確立できれば、働きに見合う収入が期待できると、いう事も考えられます。

では、ドラッグストアによる薬剤師の仕事とは、いかがなものか?と考えた場合、ドラッグストアでは、薬剤師職だけでなく、業務は非常に多岐にわたる事となりますから、それらの業務をきちんとこなす必要がありますので、大変な職場であるという事は確かだと思います。イオンの薬剤師の求人でもそうです。 また、お客さんにとっても、様々な薬の中から、自分の症状に適する薬を見つけるのは、意外に大変なので、ドラッグストアに、薬剤師の存在がいるということは、安心ですし、頼りになる存在になる事は、間違えありませんが、その反面、ドラッグストアには、皆さんもご存じの通り、色々な商品がありますから、その業務内容も、薬剤師職だけでなく、当然、それ以外の仕事も多岐にわたり、尚且つ雑用も多いという事は認識しておくべきでしょう。

当サイト人気コンテンツ

■ 実際にになるには?
■ 社会的な需要は?
■ 受験の際の注意点
■ 活躍するところ
■ ケアマネージャーの今後

ケアマネージャー関連サイト

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 ケアマネージャー試験・資格の総合情報. All Rights Reserved.

[相互リンク] 看護師 悩み FAドクター メタトレーダー TOEIC 勉強法 【プラセンタ注射 口コミ】 医師のアルバイト求人@北海道 【豚プラセンタ 効果】